オルニチンの効果効能

オルニチンの効果は大きく肝機能アップ、ダイエット効果に腎機能の正常化、それから疲労回復に分けられます。
肝臓はご存知の通り解毒に携わる臓器で、アルコール分解をし、毒素を分解して体を正常な状態へ導きます。
肝臓の中にあるオルニチンサイクルでは毒素アンモニアを無毒化し、尿素として腎臓へ贈ります。
アルコールを摂取したとき体の中ではNADHと言う物質が増加し、糖とケトン体の産生を邪魔するのですが、オルニチンはアンモニアを解毒する過程でNADHを使いますので、エネルギー生産が邪魔されません。
つまり肝臓が元気であれば肝機能も元気になり、体全体の疲労回復にもつながるということです。
またオルニチンにはミトコンドリアのサポート作用もありますので肝臓全体の機能アップにもつながると言われています。
このことも疲労回復効果につながると言っていいでしょう。

 

さらにオルニチンはアンモニアを解毒することで排尿へとつなげますが、仮にアンモニアが解毒されなければ腎臓のろ過機能も悪化、肝臓への負担も大きくなります。
オルニチンはクレアチンと呼ばれる筋肉運動をつかさどるエネルギーのろ過を行うことで負担がかかる腎臓を助ける働きもあります。
これもやはりオルニチンが肝臓で解毒作用を発揮し、アンモニアが分解されることで見られる効果と言えるでしょう。
しかもオルニチンには成長ホルモンの分泌をスムーズにすることで筋肉量をアップする働きがあります。
筋肉量がアップすれば脂肪が燃焼しやすくなり、自然とダイエットにつながるのです。

オルニチンのデメリット・副作用と推奨摂取量

そんなオルニチンにデメリットはないのかと言うと、過剰に摂取しなければ特に問題ないようです。
過剰摂取とは言え胃に負担がかかる程度ですし、食品から摂取する分には特に問題ないようですから安心していいでしょう。
とはいえ胃に負担がかかるのはあまりよろしくありませんから、1日の摂取目安量を知っておきたいものです。
基本的にオルニチンの摂取目安量は500〜1000mgと言われていますが、肝機能の保全なら1000〜1500mg、ダイエット効果がほしいなら2000〜3000mg程度の摂取が目安となります。
目的によりオルニチンの摂取目安量は異なりますので、あなたがオルニチンにどのような期待をしているかによって決めるといいでしょう。
オルニチンを多く含む蜆など食品から摂るのが大変な場合はサプリメントを利用するなど方法もありますので検討してみてください。