オルニチン回路(オルニチンサイクル)とは

オルニチン回路はオルニチンサイクルとも呼ばれていますが、肝機能をサポートする回路と言えます。
具体的な働きを見てみると、通常尿に混じって排出されるアンモニアを分解してくれるのがオルニチンです。
アンモニアは体の中でエネルギーが作られるのを阻み、さらに疲労を貯める物質です。
オルニチンが増えることでオルニチンサイクルの活性化が見られ、アンモニアはどんどん分解されていきます。

 

そして幹細胞の中で尿素を作り出す働きをしているのもオルニチンです。
アンモニアができる仕組みは激しい運動などですが、肝臓の中に溜まっているオルニチンが反応すると尿素となって無毒になります。
さらに尿素が作られるとオルニチンが再構築され、またオルニチンサイクルに蓄えられていくという性質を持っているのです。
肝臓にはほかにおTCAサイクルと言うエネルギーの産生サイクルや、ブドウ糖を合成する糖新生などがありますが、解毒にかかわるのはこのオルニチンサイクルでオルニチンサイクルがなければほかの機能が働かないと言ってもいいでしょう。

オルニチン回路によってもたらされる効果

では実際にオルニチンが体にどのような効果をもたらすのかと言うと、アンモニアを解毒することで体の疲労回復や二日酔いを防ぐ効果があります。
毒素として知られるアンモニアには神経細胞の連携に必要なエネルギーの産生を妨げたり、神経伝達物質の働きを低下させてしまいます。
正常であっても腸管、腎臓で作られるため、オルニチン回路で処理されなければ脳浮腫を起こすなど体にとっては害でしかないのです。
オルニチン回路でアンモニアを尿素へ排出し、さらに体外へ退出することでエネルギー生産がスムーズにいくようになりますから体の疲労回復に役立ちます。
また肝臓の働きを助け、アルコール分解を助け、二日酔いを防ぐ働きもあるのです。
アルコールを摂取すると体の中ではNADHが作られ、脳内エネルギーとなる糖とケトン体の生産を妨げてしまいますので、脳が疲れ切ってしまいます。
オルニチンはアンモニアを解毒する際NADHを途中消費しますので、脳のエネルギーが活発に作られるようになるということです。
またオルニチンサイクルが正常であれば糸今度リアの働きも活発になりますので、肝機能全体がアップします。
エネルギーの生産だけではなく糖新生などの代謝に有害物質の排除をスムーズに行い、肝臓の疲労や全身の疲労を回復に向かわせてくれるのです。
このように、オルニチン回路は体が元気であるために欠かせない回路となっています。