オルニチンとは

オルニチンとはシジミに代表される成分で、アルギニンの分解によって発生するアミノ酸の仲間です。
特に動植物に見られるのがL-オルニチンという遊離状の物質で、たんぱく質を構成するわけではありませんがペプチド抗生物質であるチロシジンやグラミシジンに見られます。
特に体の中では尿素回路の一つとしてアミノ基やアンモニアより尿素を作り出し排出するために大切な作用をもたらします。
アンモニアはそのまま体内にとどまると毒ですから、オルニチンは解毒効果があると考えていいでしょう。
さらに体の中ではグルタミン酸やプロリンと変わり、水に溶けやすい性質を持っています。
そんなオルニチンはほかにも成長ホルモンの分泌にもかかわっており、筋肉の合成を進めてくれます。
シジミだけではなくヒラメやキハダマグロにえのきだけ、だだちゃ豆やシメジ、チーズ、さらにパンなどにも入っていますが、最もオルニチンを多く含んでいるのは100g中10.7〜15.3mgのオルニチンを含む蜆なのです。

オルニチンと肝臓の働き(オルニチンサイクル・肝機能保全)

オルニチンと肝臓の働きについて見てみると、オルニチンサイクルの活性化、さらに肝機能の保全が挙げられます。
それぞれを説明すると医学的、生物学的な話になるので少々難しいのですが、オルニチン回路とは脊椎動物が尿素を作り出すために持つ循環的反応毛色御ことです。
尿素回路とも言われ、アンモニアと炭酸ガスがオルニチンに組み込まれることでできるシトルリンにアミノ基が加えられアルギニンができます。
そしてアルギニンから尿素が切り離されると再びオルニチンになるのです。

 

このオルニチンがあることで肝臓が栄養代謝をする有毒物質を分解するといった働きをスムーズにすることができるとされ、細胞の働きも活性化すると言われています。
ですからたとえば二日酔いを防いだり、疲労回復効果があると言われているのです。
オルニチンにはアルコールや栄養素の過剰摂取によって機能が低下した肝機能を正常にする作用があるとされ、肝臓にかかる負担を軽減してくれます。
ですから普段飲む機会が多い方や暴飲暴食をしてしまう方は、オルニチンを取ることで肝機能をサポートし、毒素や老廃物が尿へスムーズに移行し、体から排出されるのを助けてあげるといいでしょう。
なおオルニチンは食事から摂取することもできるのですが、サプリメントを空腹時に摂取すると成長ホルモンがスムーズに分泌されると言われていますので、空腹時にサプリメントを活用してみるのもいいでしょう。
肝機能が心配な方はオルニチンの摂取を検討してみてはいかがでしょうか。